配送番号検索

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

安心保障

ショッピングガイド

よくある質問

郵便局留め

早漏とは?早漏の防止方法や早漏の原因について

実は日本人の多くの男性が早漏に悩んでいます

早漏とはペニスを膣内に挿入した際、自分の意思よりも早くペニスが射精反応をしてしまうことを主に指します。
ある統計によると、日本人男性は欧米人男性に比べると包茎の方が多く、早漏の方も多いという報告があります。
早漏は包茎と同様性の多くの方が抱えている性の悩みと言えるでしょう。
早漏というと「男性として恥ずかしい」「女性に知られたら困る」とお悩みの方も多いと思いますが、医学が進んだ現代では早漏防止のための様々な医薬品などが流通しております。
ご自身にあった医薬品を利用することで早漏は防止することができ、改善をすることが可能です。
このページでは早漏のお悩みについて、その主な原因と具体的な改善策についてご紹介してまいります。

どのくらい早くイクと早漏なのでしょう?

これまで早漏の定義は割と曖昧になっていたのですが、2008年にアメリカの泌尿器学会が初めて早漏の定義を発表いたしました。
それによると、以下の4つのうち1つでも当てはまる方は早漏と見なされ、何らかの治療を受けるべきであると警鐘を促しております。
1.膣内に挿入する前、または挿入してから1分以内に射精をしてしまう。
2.膣内に挿入した後、自分の意思よりも早く射精をしてしまう。
3.性行為が苦痛となり、フラストレーションを感じる。
4.十分な挿入ができず、常に相手を満足させることができない。
1と2については早漏の典型的なパターンではありますが、3と4については女性の性の満足度にも関係するものと言えます。
また、男性の立場としての早漏と、女性の立場での早漏では若干意味合いが異なる部分もありますので、ご自身で「自分は早漏だ」と先入観を持たないことが重要です。
なお、早漏の原因としては様々なものが挙げられますが、心理的な不安や相手へのプレッシャーが原因となっているケースも考えられます。
なるべく一人で悩むことなくパートナーに性の悩みを打ち明けて、お二人にとって気持ちの良い性行為とは何か、早漏を改善する方法を共に考えてみてはいかがでしょうか。

主な早漏の原因とは?

早漏の原因は大きく分けて2つの種類が挙げられます。
1.心因性の早漏
心理的なことが原因となり、早漏の反応が出てしまうものを指します。
比較的に年齢が若い方に多いケースです。
2.身体性の早漏
身体なことが原因となり、早漏の反応が出てしまうものを指します。
主に「過敏性早漏」と「衰弱性早漏」とがあります。

1.心因性の早漏について

主なパターンとして、性行為に慣れていないというコンプレックスのある男性が性的刺激に対して過度に興奮してしまい、すぐに射精に至ってしまうというものです。
女性との性行為の前に既に射精寸前である方や、挿入後すぐに射精をしてしまうという方は医薬品の服用など、早めに早漏対策をされることをお勧めいたします。

2.身体性の早漏について

主な身体性の早漏の原因として「過敏性早漏」と「衰弱性早漏」の2種類があります。
過敏性早漏は主に包茎などが原因でペニスが性的刺激に慣れておらず、脳に強い性的興奮が届く前に脊髄が反応し、意図せず射精に至ってしまうものを指します。
また、一度射精をしても満足することができず、二度三度と不本意に射精してしまうのが、この過敏性早漏に多いケースです。
もう一方の衰弱性早漏は、主に加齢などが原因で射精管閉鎖筋という筋肉の筋力が弱まってしまうことが原因で、射精に至ってしまうケースを指します。
また、自慰行為のやりすぎによることが原因で早漏の症状が出てしまうケースもあります。
自慰行為は自分本位で射精したいときに射精ができるため、こうした自分本位の癖がついてしまうと女性を満足させる性行為をすること自体、考えにくいものになります。
そのため、単に射精をするためだけの主観的な性行為を行う傾向が強くなり、結果的に早漏に至ってしまう方もおられます。

自分にあった方法で早漏を改善しましょう

1.早漏防止薬などの医薬品で改善
様々な早漏防止薬が発売されていますが、服用をされる医薬品の場合は「ダポキセチン」という成分が入ったものを選ぶことをお勧めします。
ダポキセチンの成分は早漏防止に強い効果を発揮し、あるデータでは射精までにかかった時間が約4倍も伸びたという報告もあります。
当薬局ではダポキセチンを含む医薬品としてスーパータダライズスーパーゼビトラを取り扱っております。
また、アメリカで開発されたスプレータイプの早漏防止薬メガマックススプレーは局部麻酔で用いられるリドカインという医療成分を配合しており、ペニスに吹きかけるだけなので即効性を求める方にお勧めです。
いずれも海外の医薬品ですが、海外では早漏防止に医薬品を利用することはごく一般的となっております。
なお現在、日本国内において早漏防止効果を見込める薬の成分はダポキセチンが主流となっております。
【ダポキセチンとは】
ダポキセチンは、国内外で注目を集める早漏改善薬です。 現在、日本国内でも早漏治療薬が入手できますが、その多くの主成分が「ダポキセチン」です。
元々は、うつ病の治療薬として開発された成分で、興奮をコントロールするセロトニンという脳内物質の分泌を促す作用があります。
この作用により性的興奮を抑制し、早漏にも効果があることが判明しました。
服用することでペニスの感度をわざと鈍くして、射精を引き延ばす効果があります。
ほとんどの早漏治療薬はスーパーゼビトラのように、早漏治療に作用する成分とEDの治療に作用する成分を配合した構成で販売されています。
2.性行為の前に自慰行為を行う
原始的な方法ですが、性行為の前に自慰行為を行い、性欲を鎮めてから性行為に臨むことで射精に至るまでの時間がかかることになります。
ただし、性欲自体が鎮まってしまうため、性行為をすることに興味がなくなり、挿入をしている最中に感情や気持ちが入っていない腰を動かすだけの「性運動」になってしまうことも考えられます。
感情や気持ちが入っていなければ相手も気づいてしまうかもしれませんので、できれば「さっき自慰行為をした後だからイキにくいかも」と相手に伝えておくことをお勧めします。
事前に伝えることでお互いの気持ちが緩和され、早漏を気にせず性行為を行うことができるでしょう。
3.包茎を改善する
身体的な早漏の原因の中で最も紐づいているのが包茎との関係です。
過去のデータによると、包茎を治療することで早漏も改善された事例が多く報告されております。
真正包茎の方は必ず手術が必要になりますが、日本人男性の場合は欧米人男性と比べて、仮性包茎の方が多く、早漏に悩む方の多くが仮性包茎であることが統計により明らかになっております。
包茎の方は手術を行うことにより、早漏の悩みも改善されると思われます。
また、何よりも自分のペニスに自信が持つことができ、いつも清潔に保つことができます。
早漏と包茎が同時に気になる方は、包茎の手術を検討されることをお勧めいたします。
4.スクイーズ法での早漏トレーニング
早漏改善のトレーニングとして「スクイーズ法」という有名な方法があります。
方法は簡単で、自慰行為を行う際に、射精を迎える寸前に亀頭の付け根をギュッと強く握り、強引に射精を止めるというものです。
これを何度も繰り返すだけなのですが、いわば「射精を我慢する練習」ということになるので、ある程度の根気が必要とお考えください。
スクイーズ法は簡単に取り組むことができますが、改善の効果が出る方とそうでない方とに別れるケースが多いため、1か月ほど続けても早漏の改善効果を実感できない場合は、他の方法を検討されることをお勧めいたします。
5.セマンズ法での早漏トレーニング
セマンズ法は「スタート・ストップ法」とも呼ばれており、スクイーズ法と同様に有名な早漏改善トレーニングです。
方法はスクイーズ法とあまり変わらず、自慰行為を行う→射精しそうになったらストップして我慢→興奮が治まったら自慰行為を再開→射精しそうになったらストップして我慢、という一連の動きを繰り返すものです。
自慰行為ではなく、パートナーとの性行為において、このセマンズ法を取り入れて早漏の改善効果を実感した方もおられます。
パートナーとの協力のもと、積極的に取り組むことを検討されてはいかがでしょうか。

性の悩みと向き合うことで、性行為がより楽しいものに

男女間の性の満足度において、オーガズムを迎えるタイミングは総じて女性の方が遅いため、「自分は早漏ではないか」と思い悩む男性は割と多くいらっしゃいます。
しかも相手の女性が魅力的であり、自分にとって好きな女性であるほど、その女性の裸を目の当たりにすることでさらに興奮が増し、結果的に早漏気味になってしまう方も少なくありません。
そのような事情がありながらも、大半の女性は自分よりも先に男性が果ててしまうと、やや不満に思ってしまうこともまた事実です。
男性は年齢が若いときには特に性欲が強く、女性を喜ばせることよりも自身の満足感を優先させる傾向があるため、自ずと射精が早くなってしまいがちです。
そうした経験を経て自分にとって気持ちの良い性行為のパターンが見つかり、「もっと性行為を楽しみたい」「もっと女性を喜ばせたい」という気持ちが年齢を重ねることで強くなるものと思います。
性行為はパートナーがいて成り立つものですので、お互いの満足度を高めあうために、性行為の際にどのような愛情表現をするかで、付き合う期間や絆の深め方にも影響が及ぶものと考えます。
パートナーのことを考えればこそ自身の性の悩みとしっかり向き合い、自分にあった方法で解決策を見出していきましょう。

関連リンク一覧

新着レビュー