配送番号検索

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

安心保障

ショッピングガイド

よくある質問

郵便局留め

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とはどんな薬なのでしょうか?

「ジェネリック」という言葉は「一般的」や「ブランドにとらわれない」といった意味を持ち、「ジェネリック医薬品」とは一般的に広く認知され、効果が立証されたものを主に指します。
ある大手製薬メーカーがこれまでになかった薬効成分をもって研究をした結果に開発し、最初に承認を受けて発売に至った薬のことを「先発医薬品」または「新薬」と呼びます。
先発医薬品を開発した製薬会社は、その薬の製造過程や成分・製造方法・用途などについての特許権を取得することができ、特許が有効な期間となる20年間は、その薬の製造と販売を独占する権利を有しています。
この20年間を経過した後に特許が切れると、他の製薬会社でも先発医薬品と同等の薬を製造することが認められております。
その薬を主に「ジェネリック医薬品」と呼んでおり、効果は先発医薬品と変わらないものの値段が格段に安いのが最大の特徴で、世界中で人気を博しています。
ジェネリック医薬品は価格の面で魅力があるだけではなく、最近では特に安全性が高くなってきており、海外製のジェネリック薬品を求める方が増加傾向にあります。
あらゆる分野で医療費削減の効果があると期待されているジェネリック医薬品は、多くの国で推奨をしている安全なお薬なのです。

※ジェネリック医薬品は「後発医薬品」とも呼ばれています。

なぜ、ジェネリック医薬品は価格が安いのでしょうか?

一般的に先発医薬品の開発には長年の歳月と、それに携わる研究者の人件費や研究費といった、数百億円以上の費用がかかると言われております。
ジェネリック医薬品は、これまでに安全性と症状に対しての効果が確認された有効成分を使用しているため、約3年という短い期間での開発が可能となっています。
したがってジェネリック医薬品は、開発費用や販売に関わる費用などをかなり安く抑えることができるため、先発医薬品よりも格段に少ない費用で開発することが可能となるのです。
また、先発医薬品は病院や医療関係機関にて診察した上で、その薬の使用方法や安全性の説明などを行う必要があるため、告知にも莫大な費用を必要とします。
しかしジェネリック医薬品ではすでに効果が認知されている薬が多いため、そうした各々への説明費用も最小限にできるため、低価格が実現できているのです。

ジェネリック医薬品は本当に安心して飲んで大丈夫でしょうか?

ジェネリック医薬品は用法と容量を守って服用いただければ、どなた様も安心してお飲みいただける薬です。
ただし、併用してはいけない薬や、併用を勧めない飲み物(アルコール、グレープジュースなど)、食べ物(脂肪分が多い食事、柑橘類)も薬によってはございますので、服用される前には、必ず各ジェネリック医薬品の「ご使用上の注意」をご一読いただき、正しい服用をお願いいたします。
また、まれに副作用や体に合わないといった症状がでるケースもございますので、副作用が気になる場合は服用をお止めください。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ効果が立証でき、安全であることが認められなければ基本的には製造することができません。
ただし、海外の国によってはそうした基準が厳密化されておらず、先発医薬品と有効成分や製造過程が同じであっても、薬の添加物などが異なることにより、体内への吸収の速さや効果の差異(薬が効きすぎる、あまり効かない)が起こるケースもございます。
当薬局では先発医薬品と同様、厳しい基準をクリアした正規のジェネリック医薬品のみを販売しておりますので品質には自信をもっておりますが、何らかの持病があり、服用がご心配な方は事前にかかりつけの医師にご相談されることをお勧めいたします。

関連リンク一覧

新着レビュー