勃起不全・EDの原因は?

-  さまざまな勃起不全・EDの悩みについてお答えします  -

まずは勃起不全(ED)のメカニズムを理解しましょう

EDとはErectile Dysfunctionの略称であり、「勃起障害」および「勃起不全」のことを主に指します。
一般的に、何らかの性的な刺激が起こると、男性の場合は脳から「勃起をするように」という信号が出て、体をリラックスさせる役目である副交感神経を介してペニスに伝達されます。
するとペニスの海綿体の動脈が拡張し、血流が促されます。
スポンジ状であるペニスの海綿体が激しく流れ込んできた血液を吸収し、膨張して硬くなること。これが正常な「勃起」です。
性的刺激を受けてから勃起するまではこのような流れですが、勃起不全(ED)になると動脈が拡張する働きが鈍くなり、海綿体が膨張するために必要な血液の量が足りず、勃起するまでに時間がかかり、勃起しても硬化を維持することが難しくなります。
また、脳から勃起する信号を伝える神経機能に何らかの障害が起こることでも勃起不全の症状が出る場合もあります。

最も多い勃起不全(ED)の原因は年齢による衰えです

勃起不全になると「若い頃は…」とお嘆きの方も多く、自信をなくしてしまうことも少なくありません。
勃起不全の症状で最も多い原因は加齢によるものではありますが、その原因と向き合い、治療薬などの服用で多くの方が改善したという実例もございます。
年齢を重ねることで、勃起不全(ED)となる原因が様々でてきますので、まずはご自身の勃起不全の原因を知ることが重要です。
男性ホルモンの減少や動脈硬化などによる血管の障害、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が原因となる血管や神経の障害など、身体的な衰えや生活習慣によるものまで、勃起不全・EDの原因は多岐に渡ります。
中でも勃起不全と関わりが深いのが糖尿病によるもので、糖尿病は勃起不全を引き起こす要因となる生活習慣病のため特に注意が必要です。
また、高血圧も動脈硬化を引き起こす原因のひとつであり、EDの症状と深い関わりのある生活習慣病ですが、高血圧を治療するための薬の服用が原因でEDとなったケースも報告されていますので、高血圧の薬を服用されておられる方は医師と慎重に相談された上で、ED治療のご検討をお勧めします。

高齢者の性欲は恥ずかしいことではありません!

もしもあなたが、高齢者と呼ばれる年齢でこのサイトをご覧になっていても何ら恥ずかしいことではありません。
最近の調査によると、60歳~80歳の男性を対象に性欲に関する調査をしたところ、実に80%以上の方が「性欲がある」と回答をしました。
70代の方であっても75%以上の方が「性欲がある」との回答をしており、性欲に年齢は関係ないことが明らかになりました。
「この年になって恥ずかしいから…」と、高齢の性欲が恥ずかしいというのが今までの習慣だったかもしれません。
近年の「アクティブシニア」という言葉に代表されるように、実年齢を気にすることなく活動的に身体を動かしたり、趣味を楽しんだりする若々しいシニア世代が男女ともに増え続けています。
今では高齢の男性でも高い効果があるバイアグラなどのED治療薬を通販などで誰にも知られずに購入することができ、その人気は衰えることなく上昇の一途をたどっています。
通販や個人輸入代行を利用すれば病院で医師に処方してもらう必要もなく、また病院で処方されるよりも安価に購入できるのが人気の理由で、多くの高齢の方々が利用をしています。
もしご興味があれば、ぜひED治療薬の種類やその効果の違いをご一読いただき、ご自身に合ったED治療薬を探してお試しになってはいかがでしょうか。

そもそも勃起障害(ED)になってしまう原因とは?

主に勃起障害が起こる原因として、心理的なものと生活習慣によるものが多く見られます。
その2つの理由以外にも薬剤性や手術が原因となるケースや、前立腺肥大症なども原因になり得ます。
心理的なことが絡んで勃起不全が起こる症状を心因性EDと呼びます。過去に性行為に失敗したことや、仕事や家庭の不安などが影響し、性欲が減退することで正常にペニスが勃起しないことなどが症状としてあらわれます。
また、生活習慣による原因としては糖尿病、高血圧症、高脂血症などが多く起因しおり、過度な飲酒や喫煙などについても勃起不全に悪影響があると言われております。
これらの生活習慣病は動脈硬化の原因となるため血管が硬くなり、血管自体が狭くなってしまうことで血液の流れが抑制されてしまいます。
その結果、ペニスの海綿体に十分な血液を送り込むことが出来ず、性的刺激を受けても勃起がしにくい状態となり、EDの原因となってしまうのです。
過度の飲酒はEDにも起因しますが、適量な飲酒は気持ちにリラックス効果をもたらし、EDの改善に作用することもあります。
適量の飲酒をしても問題なく服用できるED治療薬もありますので、リラックスして性行為を行いたい方は、そうした薬もご検討ください。

なぜEDに…? その原因はさまざまあるのです

男性は性的な興奮を脳に受けると、交換神経を介してペニスに興奮が伝わります。
すると、ペニスの海綿体の動脈は次第に拡張し、海綿体に十分な血液が送られます。
この一連の流れが一般的な勃起といわれる状態です。
もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなってしまうと、ペニスの海綿体に十分な血液が流れ込まないため、十分な勃起が得られない状態、すなわちEDが起こりやすくなるのです。

EDには大きく分けて4つのタイプがあります

○30・40代に多い「心因性ED」精神的ストレスで起こるED
○50代に多い「器質性ED」血管や神経の障害で起こるED
○50・60代に多い「混合型ED」血管や神経の障害と精神的ストレスが絡んだED
○薬剤の服用で起こる「薬剤性ED」特定の薬剤の服用が原因で起こるED

30・40代に多い「心因性ED」とは?

-精神的なストレスなどが原因で、一般的に30・40代に多いケース-
精神的なストレスや不安があることにより交感神経から性的興奮がしっかりとペニスに伝わらないと、勃起不全・EDが起こりやすくなります。
こうしたEDの症状は「心因性ED」と呼ばれており、その原因は実にさまざまです。
例えば仕事のトラブルや家庭問題、夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性行為がうまくいかなかったことよる過去のトラウマなどが原因となることもあります。
「心因性ED」は、「性行為をしてもまた失敗するのではないか…」という不安が大きなストレスとなり、さらにEDを悪化させることもあります。
ご自身にあったED治療薬などの服用で性行為の際に自信を取り戻すようにするなど、リラックスして性行為に臨む環境づくりに努めてみましょう。

50代に多い「器質性ED」とは?

-動脈硬化や神経の障害などが原因で、一般的に50代に多いケース-
世代別に調査をしたところ「性欲はあるものの、最近あまり勃起しなくなった」という意見が最も多かったのは50代という結果が出ました。
主に加齢が原因であれば勃起の回数や持続時間は低減することが多くなり、ペニスの硬化も次第に衰えていくのは致し方ないことかもしれません。
しかし、加齢以外でも動脈硬化などが原因で勃起不全となる場合があります。
こうした症状を「器質性ED」と呼びます。50代からは特に勃起不全や動脈硬化の症状が増えてまいります。
定期的な健診を受けるなどして、健康管理には十分気を付けましょう。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。
そのため、ペニスの海綿体にも十分な血液が流れないため、勃起しにくい状態となり、EDが起こりやすくなります。
また、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の方の場合は血管に大きな負担がかかるため、しばしば動脈硬化が進行していることもあります。
そのため、EDが起こりやすくなるのですが、こうした生活習慣病に該当し、特定の薬を服用されておられる方はED治療薬との併用について、事前に必ず医師へご相談ください。
なお、過度の飲酒や喫煙も動脈硬化に起因するため、EDを引き起こす原因と考えられています。
その他、神経が傷害される病気(脳腫瘍、脳外傷、脳出血、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)や、過去にペニスの海面体の血管や神経を損傷するような手術を受けた方や、泌尿器系の病気や手術をした方においてもEDの症状が起こりやすくなります。

50・60代に多い「混合型ED」とは?

-血管や神経の障害と精神的ストレスが絡み、一般的に50・60代に多いケース-
昨今の勃起不全の悩みやEDの症状を調査すると、原因が複雑に絡み合うケースが増えていることもわかってきました。
精神的ストレスのみが原因ではなく、例えば予てからの動脈硬化の進行や、神経に何らかの障害があることが絡みあうことでEDの症状があらわれるケースを「混合型ED」と呼びます。
この混合型EDの場合は主に2つの要因について、取り去るべき要因の優先順位を判断することが重要であり、その治療についても焦ることなく、過去の性行為についての成功例を思い出すなどして、なるべく自然な方法で快方に向かうことを理想としています。
性行為の際にはなるべく副作用や身体に負担の少ないED治療薬を選択し、急激な勃起効果よりも自然でマイルドな勃起促進が期待できる薬をお勧めいたします。
高血圧や糖尿病の症状や、何らかの外傷などが原因となり、そこに精神的な不安やストレスが次第に加わると、EDの症状が出やすくなると言われております。
混合型EDの改善はパートナーの協力が大きな効果を発揮します。リラックスした環境づくりや性的興奮を高める工夫をお二人で考えてみることが、改善への一歩となることでしょう。

薬剤の服用で起こる「薬剤性ED」とは?

-特定の薬剤の服用が原因で起こるED-
年齢を問わず、ある特定の薬剤を服用することでEDの症状が出てしまうケースも報告されています。その主な薬剤の種類をご紹介します。
末梢神経に作用する薬剤:筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン薬
循環器系に作用する薬剤:不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤
消化管に作用する薬剤:消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬
中枢神経に作用する薬剤:解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神薬、睡眠薬を含む向精神薬など
以上の薬剤を服用されておられる方、常用されておられる方は、独断をせず、かかりつけの医師にご相談の上、ED治療薬の選定をされることをお勧めいたします。

精神的ストレスで勃起しない場合には、気軽にED治療薬を

加齢が原因となるEDの他に、最近増加傾向にあるのが、精神的な不安やストレスによるEDです。
特に20~40代に拡がりを見せており、現代のストレスとEDとが深くかかわっていることが顕著になってまいりました。
あなたも仕事場での緊張や、ご家庭でのストレスなどにより、以前よりも性交渉を行う気持ちになれない、性交渉の回数が激減したといったことございませんか?
ご自身で気が付いた時には、身体に何らかの自覚症状が出ている場合がほとんどであるものの、キチンとした対策を早めにとらなければ、EDの症状は悪化してしまいます。
例えばパートナーの女性に「ペニスが小さい」「早漏で嫌だ」「性行為がヘタ」など、突然言われたことが原因になりショックでEDとなるケースもあります。
実際EDになってしまうことで「自分はダメな人間だ」「女性を喜ばせることができない」と思い込むようになり、うつが発症してしまうこともありますので、勃起不全の症状が特に顕著になった際には、心療内科での診察も検討されることもお勧めいたします。
EDになってしまうことが原因でこれまでの良好な関係が不仲になり、パートナーと離別してしまうなど、様々な大問題を引き起こしてしまう恐れもあります。
たがが性行為、されど性行為です。
相手を思いやればこそ一人で悩まず、早めに治療をするように心がけましょう。

パートナーとの協力で、豊かな性生活と楽しい日々を

もしもEDになってしまったならば、正直に打ち明けてほしいと望む女性は多いようです。
女性も性行為を望む日や愛し合いたいシュチュエーションが必ずあります。
そうしたタイミングに性行為を拒まれることは女性にとって悲しく、とても傷つくことも多いのです。
「性行為をしたくないからしない」というケースと、「性行為はしたいがEDだからできない」というケースでは心情的に大きな差があります。
しかし、「性行為をしない」ことには変わりはなく、女性にとっては「自分に魅力がないから性行為をしない」と自信をなくしてしまい、セックスレスの日々が続けば男女の仲が冷めてしまうことも少なくありません。
また、離婚の原因のひとつとして、近年ではセックスレスが大きな理由となる場合も多く、長年のセックスレスが不仲の原因として法的にも認められ、離婚に至ったケースも増えています。
EDはご自身だけの問題ではありません。
愛する相手の女性やご婦人、ご家族にも関わる大切な問題です。
性的な問題だからと密かに悩むことなく、パートナーと協力しながらEDを治療し、心から満たされるような性生活と素晴らしい日々を送っていただけるよう、私たちは祈念してまいります。

関連リンク一覧

人気のED治療薬、ジェネリック薬品を中心にお届けする「まこと薬局」の通販サイトです。 バイアグラ、レビトラ、シアリスをはじめ、全てメーカー正規品のジェネリック薬を、安心・安全にお届けいたします。

新着レビュー