配送番号検索

お荷物の配送状況を検索できます。お知らせした番号をご入力下さい。

安心保障

ショッピングガイド

よくある質問

郵便局留め

いつからEDになりやすい?~年代別によるEDの割合~

日本では4人に1人がEDの悩みを抱えています

1998年にある医療機関が実施した調査によると、日本国内のED患者数は約1130万人にも達するそうです。
このうち、「常に性交できない」という重度のED患者数は約260万人、「時々、性交できない」という中度のED患者数は約870万人もいるという内訳になっています。
当時の人口から考えると、なんと日本人の4人に1人の男性がEDの悩みを抱えているということになります。
それから約20年が経過した現在、EDの患者数は増加傾向にあり、自覚していない予備軍も増えていると言われています。

EDが起こりやすい年代とは

基本的に40代を超えたあたりの中高年男性が、最も多くEDを発症しやすいと言われています。
実際、ED治療のクリニックにおいても訪れる患者の半数以上は40代、50代の男性が中心です。
前述した1998年の医療機関の調査によれば、重度のED患者と中度のED患者を合わせると40代では5人に1人がEDであり、50代と60代では半数以上の方がEDであることが判明しました。
さらに注意すべきは、この調査は重度・中度のEDのみを対象にしたデータであることです。症状の軽いEDやED予備軍も含めると、患者の数は相当なものであると推測されます。
中高年の男性は、男性更年期障害による男性機能の不調や性欲の減退、仕事上のプレッシャーに加えて中年から割合が増える生活習慣病など、多くの原因が重なってEDを引き起こしやすいと言われています。
しかし近年では20代、30代の若年層にもED患者は増えてきており、都内のEDクリニックでは20代の初診の割合は年々増加傾向にあり、全体の患者の約10%が20代という状況になっております。
調査によると若年層のEDの原因は心因性であることが多く、女性に対するコンプレックスや様々なストレス、またオンラインポルノの過度の視聴が原因になっていることが多いようです。

EDの原因は主に3パターン

EDになる原因は様々ですが、大きく分けると3つのパターンが挙げられます。それぞれのパターンの症状や傾向を解説いたします。
1.器質性EDとは
主に身体における物理的な原因によって起こるED症状のことを指します。
器質性EDは大きく分けて「血管系」と「神経系」の原因に分類されます。

(1)血管系とは
主な原因:加齢、喫煙、飲酒、肥満、生活習慣病など
加齢や高血圧、生活習慣病による動脈硬化によって生じると言われています。
加齢とともに血管が硬くなり拡張しづらくなっているため、ペニスの海綿体に十分な血液を送り込むことが困難になります。
特に糖尿病などの持病をお持ちの方はEDを併発しやすく、その約半数がED患者と言われています。
糖尿病を発症すると血管内でタンパク質の糖化が起こるため血管が硬くなり、動脈硬化が発生しやすくなります。
そのため神経繊維が減少してペニスの知覚が鈍くなり、ペニス自体の神経に阻害を受けてしまうことが原因であると言われています。

(2)神経系とは
主な原因:脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー、糖尿病など
勃起は脳が性的刺激を感じ取り、脳からの指令によって、脊髄→勃起中枢→ペニスへと伝達されることで起こります。
しかし、病気や怪我などで神経系に異常が生じてしまうと、脳からの指令がしっかり届かなくなり、EDに繋がってしまうのです。
また、EDの症状は手術による後遺症によっても引き起こされると言われています。

2.心因性EDとは
勃起が起こるためには身体のみならず、精神的にも性行為に望める状態であることが重要です。
心因性EDとは体の機能としては問題なくても、精神的な問題から引き起こされる勃起不全のことを指します。
EDは精神的問題と自立神経の働きと深い関係があります。
人間は日中に仕事や運動などの活動をする時、交感神経が優位に働いて体温、脈拍、そして血圧が下がります。
そして、夜間など心身ともにリラックスする時には、もう一方の副交感神経が優位になります。副交感神経はホルモンを制御する働きを持ち、性的な刺激を勃起中枢神経へと運ぶことで勃起が起こります。
したがって、ストレスやプレッシャーで緊張状態などが続くと、副交感神経が正常に作用しなくなるため、勃起が起こりにくくなるのです。
精神的な問題は人によって様々で一概にはできませんが、「仕事や家庭におけるストレス」また「性行為に対する緊張や不安」、「うつ病などの精神疾患」などが心因性の根本的な原因として挙げられます。
3.混合型EDとは
混合型EDとは、心因性EDと器質性EDの両方が起因して発生するEDのことを指します。
混合型EDは糖尿病や生活習慣病、なんらかの外傷に加えて精神的な問題がある場合に起こることが多く、直接的な原因を見つけるのが困難という特徴があります。
若年層に発症するケースは少なく、その症状は40代以上の中高年層に多く見受けられます。
また、混同型EDは器質性EDから移行することが多いのも特徴です。
器質性EDになり性行為に失敗すると、それが原因で自信喪失やトラウマになってしまい、心因性EDも引き起こしてしまうため、混合型EDに至ってしまう場合があります。
根本的な解決には一つ一つの原因をしっかり把握して向き合わなければならないため、EDの中でも最も複雑な症状であると言えます。

治療薬の長期使用でEDは改善されます

ED治療薬は根本的な改善にはなり得ませんが、バイアグラなどのED治療薬の長期使用によってさらなる改善効果が期待できます。
バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を長期的に使用していた方からは「飲むたびに治療薬の効果が高まってきている」という声が多く聞かれます。
実際に国際勃起機能スコア(IIEF)など複数のED判定基準を通しても、ED治療薬の改善効果は、短期服用者より長期服用者の方が統計的に高くなることが示されました。その最大の要因としては、長期使用によって血管運動そのものが改善されたことが考えられます。
継続的にペニスの血管内皮へ血流のアプローチが加わることで、血管運動の活性が恒常化されたと言えるでしょう。
血管運動の機能障害は動脈硬化の進行過程でもあるため、EDの改善は動脈硬化の予防としても期待ができます。
程度にもよりますが、EDは改善が見込める症状です。短期的な治療であきらめることなく、必要な場合に積極的に薬を服用し、長期的に取り組むことが大切です。

関連リンク一覧

新着レビュー